HOME > 世田谷×医療情報 > アーカイブ > 2015年7月アーカイブ

世田谷×医療情報 2015年7月アーカイブ

便秘外来を開設いたしました!


便秘外来開設にあたって

今や便秘は日本人女性の多くが悩まされている国民病です。
さまざまなサプリメントを試みたり、食生活を見直したり、生活習慣を改めたりしても便秘が改善しない方が多いのが現状です。

従来便秘のタイプは弛緩性便秘・ストレス性便秘・直腸性便秘の3タイプに分類されていましたが、最近この範疇に入らない大腸自体の形態にその原因を求めた新たな知見が注目を集めています。

さらに32年ぶりに新しい作用機序を有した便秘薬が登場してきました。
単に排便回数を増やしたり、便をやわらかくするだけでなく「すっきり感」を伴う自然排を得るのが便秘治療の最終目標です。

便秘のタイプは各人さまざまです。一人一人の便秘の原因を追究し、それぞれに合った治療方法を見つけ出していこうと思ってます。
気楽に受診なさってください。

便秘外来 診療手順 

1)問診:
①便秘発症の時期と経過 ②排便回数 ③便通の規則性 ④便の量 ⑤便の硬度 ⑥排便困難の有無 ⑦残便感の有無 ⑧血便の有無 ⑨腹部所見の異常の有無


2)発症誘因:
①年齢 ②性 ③既往歴 ④手術歴 ⑤家族歴 ⑥生活様式

3)便秘の誘因となる薬物はないか?
(制酸剤・抗コリン剤・鎮痛剤・鎮咳剤・気管支拡張剤・麻薬・抗うつ剤・向精神薬・パーキンソン治療薬・利尿剤・神経節遮断薬・降圧剤・筋弛緩剤)の服用の有無

4)治療方針:
①器質的便秘→原因疾患の治療
②機能的便秘→発生要因を取り除き、自然の排便リズムへ導く生活指導

5)薬物療法
それぞれの病態に即した最適な薬剤を選択投与する。


1

« 2015年4月 | メインページ | アーカイブ | 2015年9月 »

このページのトップへ