HOME > 便秘外来など予防や最新医療について > 禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来とは?

これまでも使われてきたニコチンパッチやニコチンガムのほか、新しく登場したニコチンを含まない飲み薬が選択肢の1つに加わりました。

ニコチンを含まない飲み薬は、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくします。
1日2回※1、食後に飲みます。
飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目には禁煙を開始します※2。
通常、服用期間は12週間です。

※1 1日1回から開始し、飲み始めの1週間で徐々に服用量を増やします。
※2 自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入ります。

特徴

(1)喫煙者の70%はニコチン依存症
タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。
このような喫煙習慣は「ニコチン依存症」といわれ、治療が必要な病気とされています。
病気は意志の力だけで治せるものではありません。禁煙成功のために、「お医者さんと禁煙」を始めませんか?

(2)お医者さんのアドバイスと新しい治療法
お医者さんと禁煙すれば、あなたに合ったアドバイスを受けられるほか、禁煙の治療薬を処方してもらえるので禁煙の成功率が高まります。
新たな治療法として登場した"ニコチンを含まない飲み薬※1"は、ニコチン切れ症状を軽くするだけでなく、タバコをおいしいと感じにくくする効果を併せもつので、楽に禁煙することができます。
あなたも「お医者さんと禁煙」を始めてみませんか?
※1 病院・診療所で処方してもらいます。

(3)健康保険等による禁煙治療
一定の要件を満たすことで、禁煙治療に健康保険等が適用され、あなたの負担も軽くなります。
あなたも「お医者さんと禁煙」を始めてみませんか?


ドクターからのメッセージ


禁煙も私自身体験して、始めたものになります。
これまでに様々な方法で、禁煙を行って来ましたが一度も成功したことがありませんでした。お医者さんで禁煙とCMなどでしきりに告知がありますが、実際に経験してみて医者の診断によって、しっかりとベンチマークをでき、定期的なチェックを行うことでより効果的に禁煙が可能になると実感しました。
今の世の中では、ご家族から禁煙をお願いされている方が多いと思います。なかなか禁煙出来ないという方は、一度診察をうけてみてください。

体験者の声 ※禁煙外来の体験者です

Aさん
最初は本当に禁煙できるかと半信半疑でしたが、薬を使いはじめてから、あれほど好きだったタバコが吸いたくなくなって、1週間目にはすっかりタバコがいらなくなったんです。病院では薬を出してくれるだけじゃなく、禁煙した時のイライラへの対処法などもアドバイスしてくれたり、励ましてくれるのも禁煙できた理由かもしれないですね。

Bさん
友人に、「一度病院に行ってみたら?」と勧められたのがきっかけです。今まで何度も禁煙に失敗してきたので、病院に行くことでタバコがやめられるとは思っていませんでしたが、初診時に、初期のCOPD※と診断され、禁煙治療を受ける決心がつきました。禁煙治療を始めると、吸いたい気持ちがなくなり、禁煙できたのでとても驚いています。禁煙してから1年以上たつ今もタバコを吸いたいとは思いません。 ※COPD(慢性閉塞性肺疾患):別名タバコ病ともいわれ、喫煙者に多い病気です。COPDにかかると次第に呼吸がしづらくなり、症状が進行すると死に至ることもあります。

Cさん
何度かチャレンジしたけど、毎回失敗していました。今回は妻が妊娠したから絶対に成功させたくて。実際に近くのクリニックで禁煙治療を受けてみたら、思っていたほどつらくないし、意外なほどすんなり禁煙できたので、自分も驚いています。クリニックでも怒られるのかと思っていたら、「禁煙続いているの立派ですね」なんてやさしい言葉をかけてくれたりして。禁煙できて本当によかったです。


このページのトップへ