HOME > アンチエイジングの治療について > 薬で治す抜け毛治療AGA治療

薬で治す抜け毛治療AGA治療

薬で治す抜け毛の治療AGA治療とは?

AGA(エージーエー)とは、AndroGenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

特徴

AGA(エージーエー)は抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます。また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。
ただし、AGA(エージーエー)では普通、薄毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

DHTは5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられます。

AGAは進行する病気です

AGAの人はの人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれてい ます。AGA(エージーエー)は進行性です。何もせずにほうっておくと下記のグラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのため AGA(エージーエー)は早めのケアが大切です。

ドクターからのメッセージ



AGAの治療については、私自身体験してみました。その結果を元に患者さんへのサポートを行っております。男性ならば一度は気にしたことがあるネガティブな悩みであります。治療によって、髪の量が増加し心まで若々しく元気になった患者さんも少なくありません。一度診察してみてはいかがでしょうか?

体験者の声

Aさん
AGA(エージーエー)治療のことは、4年ほど前あるTV番組を見て知りました。その頃はかなりうす毛が進行してしまっていたので、実は半分あきらめていました。でも、医療機関で治療を受けるということなら、期待できるような気がしました。私のうす毛を心配していた母からも「(髪が)あるうちに行きなさいよ!」言われていたので、早速クリニックに電話をかけました。そして、せっかくですから、額が広くなってきていた兄(Lさん)も誘って一緒に受診しました。あれからもう3年8ヵ月も経つのですね。

このページのトップへ